MainPicture
お知らせカテゴリ

渉外担当から、9月開催予定WCRB2020(中国・北京)の今後についての連絡がありましたのでご案内いたします。


2020年9月16〜18日開催予定のWCRB2020 in Beijing, China
https://wcrb2020.medmeeting.org/en
について、大会長のHongmei Wang 先生より、メール後半のような連絡がありました。

現在のところ、予定通りで開催したいとは考えているが、
参加者の安全を第一に考え、開催可否の最終判断は、今後の世界でのコロナの動向をみて判断する必要がある。
今後2週間ごとに、大会長より、コロナの動向と開催の可否判断に関する情報を、シスター学会に連絡します。

以上、現時点で、予定通りの開催で、具体的な変更や指示は出ていません。

演題・要旨登録〆切:2020年4月30日
参加登録早期割引〆切:2020年6月30日
ですので、まだ少し判断の時間がございます。

今後、開催について変更があった場合、メーリングリストと、学会HPにて、速やかに会員の皆様にお知らせいたします。
またSRD学会として、WCRB2020開催について、Wang大会長に何らかを進言すべきか、
これから理事長ほか、常務理事等にご相談し、対応いたします。

取り急ぎのご連絡でございます。どうぞよろしくお願いいたします。

渉外担当:山形大・木村、農工大・杉村


From: 王震波 <wangzb@ioz.ac.cn
Sent: Saturday, February 29, 2020 12:02 PM
Subject: WCRB 2020-updated situation by 29th Feb

Dear All,

Thanks very much for your warm care and greetings to CSRB and our reproductive biologists!  

As you are likely aware based on current news reports, though the cases of coronavirus have decreased dramatically in China, cases have emerged in more than 30 countries and travel advisories and quarantines are in effect in many locations. WCRB2020 Local Committee is monitoring the situation closely and ready to address the impacts of the disease on our conference. 

The safety of the attendees is our highest priority and we will continue to monitor the situation and its impact on WCRB2020. 

We are hopeful that the virus will be contained in the next few months and plan to move forward with WCRB2020 as scheduled, but we will continue to monitor the situation, and will send updated situation and our view of WCRB2020 in every two weeks.

Best regards,
On behalf of Dr.Hongmei Wang


--

Zhen-Bo Wang, PhD, Professor
State Key Laboratory of Stem Cell and Reproductive Biology
Institute of Zoology, Chinese Academy of Sciences
1 Beichen West Road, Chaoyang District, Beijing 100101, China
Tel:86-10-64807090
中文网址:http://sourcedb.ioz.cas.cn/zw/zjrc/shengzhi/201303/t20130311_3789686.html.
Personal web:http://sourcedb.cas.cn/sourcedb_ioz_cas/yw/scs/pi/201303/t20130311_3789686.html.
Dummy2
posted by SRD事務局 at 13:39 | 関連学会情報