MainPicture
お知らせカテゴリ

ゲノム編集技術を用いてカニクイザルモデルにおいて常染色体優性多発性嚢胞腎(ADPKD)の病態再現に成功 ―小動物では病態再現できない難病の研究に新たな道―(2019年12月11日)
築山智之会員(滋賀医科大学、京都大学)らの研究グループらの研究グループによる上記の成果がプレスリリースされました。

滋賀医科大学HP
https://www.shiga-med.ac.jp/sites/default/files/2019-12/%E3%80%90%E8%A7%A3%E7%A6%81%E6%97%A5%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%82%E3%82%8A%E3%80%9120191210_%E6%BB%8B%E8%B3%80%E5%8C%BB%E5%A4%A7%E8%A8%98%E8%80%85%E8%AA%AC%E6%98%8E%E4%BC%9A%E3%81%AE%E3%81%94%E6%A1%88%E5%86%85.pdf

京都大学ホームページ(2019年12月13日)
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/research/research_results/2019/191211_2.html



日本繁殖生物学会広報委員会
Dummy2
posted by SRD事務局 at 15:15 | 会員の活躍