MainPicture
お知らせカテゴリ

事務局からのお知らせ

国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)より、掲題の件で連絡がありましたのでご案内いたします。

□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□■□□■

国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)は、「e-ASIA共同研究プログラム(e-ASIA Joint Research Program; "e-ASIA JRP")」に参加し、3カ国以上の多国間国際共同研究課題を支援しています(本公募に限り2カ国特例があります)。
e-ASIA JRPは、アジア地域において、科学技術分野の研究開発力の強化を目指し、研究交流を加速するとともに、アジア諸国が共通して抱える課題の解決を目指し、国際共同研究を推進する事業です。
本公募ではe-ASIA JRPに参加する各国の公的研究費配分機関のうち有志機関と協力し、世界中で猛威を振るう新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策研究(非医療分野)の支援を緊急的に行うため、以下のとおり共同研究課題の提案を募集します。

■公募期間:令和2年9月10日(木曜日)〜令和2年10月22日(木曜日)
■対象分野:非医療分野での新型コロナウィルス感染症(COVID-19)対策研究
■支援期間:約1年間
■支援金額:上限1000万円(間接経費30%を含む)
■特例内容:COVID-19パンデミックへの対応が急務であることから、応募課題のサイエンスメリットが十分に高く、e-ASIA JRPの目的であるイノベーションの推進に沿っている場合、2か国のみのプロジェクトで応募が可能です。
■応募の詳細は下記をご参照下さい
https://www.jst.go.jp/inter/program/announce/announce_easia_jrp_covid19.html


国立研究開発法人科学技術振興機構(JST) 国際部 火口、小谷
E-mail : easiajrp@jst.go.jp

□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□■□□■

Dummy2
posted by SRD事務局 at 18:55 | 事務局からのお知らせ
第113回大会ご参加の皆様

いよいよ大会まであと1週間となりました。
本日、全参加者に向けてオンライン学会ページ(LINC-BIZ)の招待メールをお送りしました。

・2日以内にID登録を済ませてください。
・メールを受け取っていない先生は、事務局(srd113@grp.tohoku.ac.jp)までお問い合わせください。

宜しくお願い致します。


113回大会事務局 
原健士朗
Dummy2
posted by SRD事務局 at 15:15 | 事務局からのお知らせ
国立遺伝学研究所 ABS学術対策チームより、掲題の件で連絡がありましたのでご案内いたします。

□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□■□□■

この度、ラオス科学技術省 科学局 調整技術顧問 副局長 Ms. Kongchay Phimmakong をお招きし、 
2020年度第8回ABSオンラインセミナー「国際ABSワークショップ:ラオス遺伝資源の取得と利用」を、
2020年9月28日(月)にWeb開催する運びとなりました。本会の詳細につきましては、下記をご覧ください。 


                                                    記

【 会 名 】2020年度第8回ABSオンラインセミナー
    「国際ABSワークショップ:ラオス遺伝資源の取得と利用」 

【 演題 】・ラオス遺伝資源へのアクセスの現状〜ABS契約締結の経験を踏まえて〜
     ・The ABS implementation in Lao PDR

【講演者】・二村 聡 氏( 株式会社 ニムラ・ジェネティック・ソリューションズ 代表取締役 )
     ・Ms. Kongchay Phimmakong( ラオス科学技術省 科学局 調整技術顧問 副局長 )

【 日 時 】2020年9月28日(月)10:00〜12:00予定(接続開始9:00)
       9:50迄にご参加をお願いします。

【配信方法】ウェビナー(ZOOM)

【視聴方法】 参加登録後に届く、登録完了メール等をご覧ください。

【事前質問】参加登録時に、本会に関する質問をお寄せ頂く「質問とコメント」欄を設けております。
      ご協力をお願いいたします。  

【資料入手方法】9月25日(金)午前11時にご登録のメールアドレス宛に、資料ダウンロード方法等をご連絡します。

【 言 語 】日本語、英語(同時通訳あり)

【登録方法】参加無料ですが、参加には事前申し込みが必要になります。
      こちらよりお申し込みください。

【登録期限】2020年9月24日(木)午後5時まで。
       申込期限前に受付を締切る場合があります。ご了承下さい。
                                       以 上

-----------------------------------------------------------------------------
〒411-8540 静岡県三島市谷田1111
大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構
国立遺伝学研究所  ABS学術対策チーム 
HP:idenshigen.jp メールアドレス:abs@nig.ac.jp
TEL: 055-981-5831
-----------------------------------------------------------------------------

□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□■□□■
Dummy2
posted by SRD事務局 at 10:17 | 事務局からのお知らせ
科学技術振興機構 挑戦的研究開発プログラム部より、掲題の件で連絡がありましたのでご案内いたします。

□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□■□□■

過日、以下の通りムーンショット型研究開発事業「新たなムーンショット目標の検討チーム」の公募を開始しました。
これは、国が新たなムーンショット目標を検討することを決定したことを受け、新たなムーンショット目標のアイデアを持つ目標検討チームをJSTが広く公募するものです。
採択された目標検討チームが約半年間の調査研究を行い、そのうち高い評価を得たものから国の新たなムーンショット目標が設定されます。
設定された目標の下に数億〜数十億円規模の研究プロジェクトの支援が行われます。

--------------------------------------------------------------------------
ムーンショット型研究開発事業 新たな目標検討のためのビジョン公募
 〜日本を変える、世界を変える、あなたが変える!〜

●募集期間:2020年9月8日(火)〜2020年11月10日(火)12時(日本時間)
●予算規模:1件あたり500万円(直接経費)を目安
●採択予定数:20件程度を目安
●プレスリリース: https://www.jst.go.jp/pr/info/info1448/index.html
●公募詳細URL: https://www.jst.go.jp/moonshot/koubo/202009/index.html
●問合せ先:国立研究開発法人科学技術振興機構 挑戦的研究開発プログラム部
  E-mail:moonshot-koubo@jst.go.jp
--------------------------------------------------------------------------

本取り組みはこれまでの研究開発プログラムとは異なり、30年後の人々の価値観を問い直しながら、
提案者自らが描きたい目標を提案し、その実現可能性を探るという、当機構でも行ってこなかったアプローチです。
次代を担う若手研究者等を中心にアイディアを広く公募し、
若手の方々自らが切り開きたい未来に真剣に向き合い、自身が率いるチームメンバ―や、同じく採択された他のチーム、さらには、国内外の多様な方々との対話を通して、自らが描きたいビジョンや、提案した目標の実現可能性に関する知見を深めていただきたいと考えております。

ご不明な点などございましたら、お手数ではございますが
本メール末尾の公募問い合わせ担当宛てにご遠慮なくご質問をお寄せ頂ければ幸いです。

何卒よろしくお願い申し上げます。

【JST挑戦的研究開発プログラム部 公募問い合わせ担当】
moonshot-koubo@jst.go.jp

□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□■□□■
Dummy2
posted by SRD事務局 at 10:16 | 事務局からのお知らせ
若手奨励策検討委員会より、掲題の件で連絡がありましたのでご案内いたします。
詳しくは添付の書類をご覧ください。

是非ご参加ください!!!


Dummy2
posted by SRD事務局 at 11:48 | 事務局からのお知らせ