MainPicture
お知らせカテゴリ

事務局からのお知らせ

科学技術振興機構(JST)国際部より、掲題の件で連絡がありましたのでご案内いたします。

□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□■□□■

この度、JSTは戦略的国際共同研究プログラム(SICORP)「非医療分野における新型
コロナウイルス感染症(COVID-19)関連研究」領域において米国、英国、仏国および
カナダを相手国とし、このうち一ヶ国と日本との二国間共同研究の提案を募集いたします。
詳細はHPおよび公募要領をご覧ください。
(日)https://www.jst.go.jp/inter/program/announce/announce_covid19.html
(英)https://www.jst.go.jp/inter/english/program_e/announce_e/announce_covid19.html

支援規模把握のため、HPをご覧いただき応募をお考えの研究者から事前連絡(任意)
をいただければ幸いに存じます。
ご応募をお待ちしております。

1.募集締切
2021年2月1日(月) 17時(日本時間)

2.支援の内容
日本側の委託研究費として650万円〜780万円(間接経費を含む)(予定)。
採択課題数は10課題(予定)。

3.応募資格(相手国)
相手国研究者は下記(i)、(ii)何れかに該当する必要があります。
 (i) 相手国の研究資金配分機関のプログラムで既に支援を受けている。
 (ii) 応募時点で相手国の研究資金配分機関のプログラムに申請済みで、2021年
  3月末までに採択結果が判明するもの。(十分な支援期間を確保するため、
  採択結果の判明時期が4月または5月の場合は事前にJSTまでご相談ください)

4.お問い合わせ先
科学技術振興機構(JST) 国際部事業実施グループ 白石、ルデンスタム
TEL: 03-5214-7375
E-mail: intl-joint@jst.go.jp  ※原則メールにてお問い合わせください

-----
■Strategic International Collaborative Research Program (SICORP) COVID-19 Research in Non-Medical Sciences Call for Proposals

The Japan Science and Technology Agency (JST) is accepting proposals for bilateral collaborative research projects under the theme of COVID-19 Research in Non-Medical Sciences between Japan and the United States, United Kingdom, France and Canada.
Please refer to the website and the call text for more detailed information.

(English) https://www.jst.go.jp/inter/english/program_e/announce_e/announce_covid19.html
(Japanese) https://www.jst.go.jp/inter/program/announce/announce_covid19.html

1.Application Deadline
Monday, February 1, 2021, 17:00 (Japan time)

2.Details of Support
Research projects selected for funding in this call will receive support for a period of approximately 11 months totaling no more than 7,800,000 JPY including direct and indirect costs. Examples of direct costs include research materials, personnel costs, travel costs and events. JST will support up to 10 projects in this call.

3.Inquiries
Japan Science and Technology Agency (JST)
Department of International Affairs
Ms. SHIRAISHI Junko, Mr. Oscar A. Rudenstam
E-mail: intl-joint@jst.go.jp

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)
国際部 事業実施グループ

〒102−0076 東京都千代田区五番町7
電話:(03) 5214-7375
E-mail:intl-joint@jst.go.jp
URL: https://www.jst.go.jp/inter/index.html
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
Department of International Affairs
Japan Science and Technology Agency (JST)
K's Gobancho, 7 Gobancho, Chiyoda-ku,
Tokyo, 102-0076, Japan
TEL:+81-3-5214-7375
E-mail:intl-joint@jst.go.jp
URL: https://www.jst.go.jp/inter/english/index.html
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□■□□■
Dummy2
posted by SRD事務局 at 18:52 | 事務局からのお知らせ
内閣府より、掲題の件で連絡がありましたのでご案内いたします。
詳しくは添付ファイル、または下記のURLをご覧ください。


掲載先:公益法人information「政府からのお知らせ」欄
URL:https://www.koeki-info.go.jp/administration/oshirase.html

Dummy2
posted by SRD事務局 at 18:08 | 事務局からのお知らせ
東京農業大学生物資源ゲノム解析センターより、掲題の件で連絡がありましたのでご案内いたします。
詳しくは添付ファイル、または下記のURLをご覧ください。


東京農業大学生物資源ゲノム解析センター:http://www.nodai-genome.org/gabase/index.html
Dummy2
posted by SRD事務局 at 11:47 | 事務局からのお知らせ
SSR Membership Chair(Dr. Alan D. Ealy)より、「Affiliate Membership」の案内が届きましたのでご連絡いたします。

□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□■□□■
Dear SRBCE members,

The Society for the Study of Reproduction has made it their two top priorities of their membership committee over the past few years to increase SSR membership in under-represented groups and to increase their global impact in reproductive biology. They recently achieved these goals by seeking affiliations with other reproductive biology societies, and we are pleased to announce the addition of the SRBCE as one of their new affiliate societies. Learn more here at this link.

Society for the Study of Reproduction (SSR): The Society for the Study of Reproduction (SSR) was founded in 1967 to promote the study of reproduction by fostering interdisciplinary communication among scientists, holding conferences, and publishing meritorious studies. Today, their members come from 50 countries around the world.

SSR’s Mission: Advance the Science of Reproduction, Fertility, and Development for the Benefit of Humans and Animals

SSR’s Vision: A Sustainable World Through the Science of Reproduction, Fertility, and Development

Reproductive biologists who are members of one of their affiliate societies may become an affiliate SSR member at the low price of $50 per year ($20 for pre/post-doc). This will provide affiliate members with direct access to the SSR online community and searchable member directory. In addition, they will receive SSR e-newsletters and early notification of the call for abstracts. These benefits are anticipated to entice a subset of their affiliate members to become regular members (or trainee members, if they qualify), where they will then receive full SSR membership benefits, including discounts for annual meeting fees, publication in Biology of Reproduction, and the privilege to vote and hold office on SSR committees.

They are still searching for additional international societies with whom to partner. If you know of such a society, please contact them at membership@ssr.org. They are eager to build new relationships with reproductive biology groups around the world.


-- 
Alan
Alan D. Ealy, PhD
Professor, Department of Animal and Poultry Sciences
Virginia Tech
3430 Litton-Reaves Hall (0306)
175 W. Campus Drive
Blacksburg, VA 24061 

"The measure of intelligence is the ability to change"
Albert Einstein
□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□■□□■
Dummy2
posted by SRD事務局 at 22:32 | 事務局からのお知らせ
国立遺伝学研究所 ABS学術対策チームより、掲題の件で連絡がありましたのでご案内いたします。

□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□■□□■

この度、 ドイツ微生物細胞培養コレクションDSMZ 副所長 Amber Hartman Scholz, Ph.D. をお招きし、 
2020年度生物遺伝資源 国際ワークショップ「カルチャーコレクションとバイオリソース機関の名古屋議定書対応」を、
2020年12月9日(水)午前10時から同時通訳ありでWeb開催する運びとなりました。
(本会の詳細につきましては、下記をご覧ください。 )


                                                    記

【 会 名 】 2020年度生物遺伝資源 国際ワークショップ
     「カルチャーコレクションとバイオリソース機関の名古屋議定書対応」 

【 演題 】・ex situ コレクションにおける名古屋議定書/ABS対応の課題 (仮)
    ・コレクションにおける名古屋議定書対応:ドイツの微生物コレクションDSMZの例(仮)

【講演者】・石田 孝英 氏(国立研究開発法人 国立環境研究所 高度技能専門員)
      生態学分野で学位取得後、スウェーデンでのポスドクなどを経て、
      製品評価技術基盤機構(NITE)で微生物コレクションとABSに従事。
      現在は国立環境研究所でABS対応を担当。

      ・Amber Hartman Scholz, Ph.D.(ドイツ微生物細胞培養コレクションDSMZ 副所長 )
      DSMZが初のEU登録コレクションとして認定されたことにチームリーダーとして貢献。
      アメリカ科学技術政策局等での勤務から、科学政策において幅広い経験を持つ。
      ジョンズ・ホプキンズ大学において、生物学の博士号を取得。

【 日 時 】2020年12月9日(水)10:00〜12:00予定(接続開始 9:00)
       * 9:50迄にご参加をお願いします。

【配信方法】ウェビナー(ZOOM)

【視聴方法】 参加登録後に届く、登録完了メール等をご覧ください。

【事前質問】参加登録時に、本会に関する質問をお寄せ頂く「質問とコメント」欄を設けております。
      ご協力をお願いいたします。  

【資料入手方法】12月4日(金)午前11時にご登録のメールアドレス宛に、資料ダウンロード方法等をご連絡します。

【 言 語 】英語 ( 同時通訳あり )

【登録方法】参加無料ですが、参加には事前申し込みが必要になります。
         http://nig-chizai.sakura.ne.jp/abs_tft/2020/11/06/international_bioresource_workshop2020/よりお申し込みください

【登録期限】2020年12月3日(木)午後5時まで。
       申込期限前に受付を締切る場合があります。ご了承下さい。

                                       以 上

□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□■□□■
Dummy2
posted by SRD事務局 at 18:19 | 事務局からのお知らせ