MainPicture
お知らせカテゴリ

事務局からのお知らせ

男女共同参画推進委員会より、掲題の件で連絡がありましたのでご案内いたします。

□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□■□□■

日本繁殖生物学会男女共同参画推進委員会が所属している、男女共同参画学協会
連絡会より、『科学技術系専門職における、旧姓・通称使用に関する実態調査』
実態調査の協力の依頼が参りました。
ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

-------------------------
このたび学協会連絡会では、『科学技術系専門職における、旧姓・通称使用に関
する実態調査』を実施いたします。

旧姓・通称使用に関する、大学・高等教育研究機関等においての実態の調査、お
よび研究者として困った事例の収集、を目的としております。
2月19日迄にできるだけ多くの先生方に、ご回答を頂けますよう、何卒ご協力をお
願い申し上げます。

【回答方法】Google Form https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSdOeTMQXpA58F4u_rZNUQqxQEJboP8ua2rClaq5_CwImDRlWA/viewform
【回答にかかる時間】 15分間程度
【回答期限】2023年2月19日

なお、お問い合わせがおありの場合は、男女共同参画学協会連絡会21期事務局 
danjo_office21@djrenrakukai.orgにお願いいたします。

□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□■□□■
Dummy2
posted by SRD事務局 at 12:37 | 事務局からのお知らせ
プログラム委員会より、掲題の件で連絡がありましたのでご案内いたします。

□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□■□□■

2023年度第116回神戸大会において、以下の要領で公募型シンポジウムを予定をし
ております。会員の皆様からの企画の応募をお待ちしております。

1.開催場所:神戸大学農学部学舎

2.開催日時:2023年9月25日 16時〜18時 
*時間帯は一般発表の演題数で若干前後する場合がございます。

3.予算:上限20万円 
*会場費として、予算の5%程度をご考慮下さい。
*学会規定により、非会員の場合、謝金36000円、宿泊費(13000円/泊以内)、交通
費(20000円を超えた場合は領収書が必要)を支払うことができます。会員の場合
は、謝金・交通費・宿泊費の支払いは出来ません。

4.公募期間:2023年1月17日(火)〜2023年2月10日(金)

5.応募方法 応募の際は、1) シンポジウム仮タイトル、2) 趣旨(簡単なもの
で結構です)、3) 想定されるシンポジストをご記入の上、下記までメールでご応
募ください。

プログラム委員会副委員長(公募型シンポジウム担当):理研BRC 越後貫成美 
narumi.ogonuki@riken.jp

6.その他 
1)演者・座長の選出にはジェンダーバランスにご留意ください。

2)同大会において市民公開講座「黒毛和牛をもっと増やそう! 最新の繁殖生物
学研究がお父さん牛にできること(仮題)」の実施が予定されております。

3)複数の応募があった場合は、プログラム委員会内で厳正な審議の上、1件の
みを採択とさせていただきます。応募される会員には、オーガナイザーとして種々
ご協力をお願いします。


会員の皆様には積極的に応募くださいますよう宜しくお願い申し上げます。

越後貫成美

□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□■□□■
Dummy2
posted by SRD事務局 at 12:31 | 事務局からのお知らせ
Northwestern UniversityのNimra Chohan氏より、掲題の件で連絡がありましたのでご案内いたします。

□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□■□□■
Hello,

My name is Nimra Chohan and I am the Senior Program Coordinator for the Center for Reproductive Science at Northwestern University. Applications for Fall 2023 admission for​ the Master of Science in Reproductive Science and Medicine (MS-RSM) program are now open, and I would very much appreciate it if you would be willing to spread the word to your society membership.    
  
Students can also learn more about the Master of Science in Reproductive Science and Medicine program in 90 seconds! For any additional information, they are welcome to register to one of our online Info Sessions, which we host monthly until March 2023. Below is a brief description of the program, and I have also attached a program flyer and brochure. 
 
Northwestern Master of Science in Reproductive Science and Medicine (MS-RSM) 
The Master of Science in Reproductive Science and Medicine (MS-RSM) is a full-time, terminal Master of Science degree focusing on human reproductive biology and medicine. The program offers reproductive science coursework, including a hands-on laboratory course, as well as professional development. The program also includes mentored research with Northwestern University faculty, and students will be part of a vibrant community of reproductive scientists through the Center for Reproductive Science.  
  
Alumni of the program have gone on to: 
・         Advanced Training (MD, PhD, MSTP, PharmD, residency) 
・         Research Careers (laboratory management, research operations, bench science) 
・         Clinical Careers (embryology, andrology, clinical research, regulatory and compliance) 
・         Consulting Careers (industry, pharmaceuticals) 
  
Apply now! 
  
Deadline March 31, 2023 
Rolling Admissions begin in January 2023 
  
Visit https://www.feinberg.northwestern.edu/sites/ms-rsm/ or e-mail crs@northwestern.edu for more information.  Also, follow us on Twitter @NU_CRS and stay connected with us on Facebook.  
 ​ 
Many thanks! 
  
Nimra 
 
Nimra Chohan
CRS | MS-RSM Senior Program Coordinator 
Department of Obstetrics and Gynecology
Feinberg School of Medicine
Northwestern University
 

Dummy2
posted by SRD事務局 at 09:59 | 事務局からのお知らせ
東京農業大学生物資源ゲノム解析センターより、掲題の件で連絡がありましたのでご案内いたします。
詳しくは添付ファイル、または下記のURLをご覧ください。


東京農業大学生物資源ゲノム解析センター:http://www.nodai-genome.org/gabase/index.html

Dummy2
posted by SRD事務局 at 09:34 | 事務局からのお知らせ
国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)より、掲題の件で連絡がありましたのでご案内いたします。

□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□■□□■

JSTは、国際的な共同研究を推進する「戦略的国際共同研究プログラム(SICORP)」において、
カナダのカナダ国立研究機構(NRC)と協力し、「Well Beingな高齢化のためのAI技術」に関する
国際産学連携共同研究提案の募集を行っています。
本公募は、日本側及びカナダ側それぞれの企業とアカデミア、カナダ国立研究機構(NRC)研究者の
5者以上で研究チームを組み、国際的な産学連携の体制を築いて研究開発を実装に近づけることを
目指すものです。AI技術を用いて、高齢者が健康や生活環境、社会との繋がり等を維持・改善し、
Well Beingを保てる社会作りに貢献することを狙います。
※NRC主催のVirtual Matchmkaing Event (令和4年11月18日(金)日本時間9時よりオンラインにて開催予定)を通して、
カナダ側の企業やアカデミア、NRCにおける共同研究相手を探すことが可能です(詳細は公募HPで更新予定)。
詳しくは募集の詳細ページをご覧下さい。

<公募概要>
*公募案件:Well Beingな高齢化のためのAI技術
*応募要件:日本側及びカナダ側それぞれの企業とアカデミア、カナダ国立研究機構(NRC)研究者の5者以上からなる研究チーム
*公募期間:令和4年10月12日(水)〜令和5年4月3日(月)午後5時(日本時間)
*支援期間:3年間
*支援規模:1課題あたり、1,950万円/年を上限とします(間接経費30パーセントを含む)
*採択予定数:3〜4課題程度     

<募集の詳細ページ>
https://www.jst.go.jp/inter/program/announce/announce_ca_ai2022.html

<お問い合わせ先>
国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)
国際部 事業実施グループ 橋本、白石
TEL:03-5214-7375 FAX:03-5214-7379
E-mail:jointca@jst.go.jp


□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□■□□■
Dummy2
posted by SRD事務局 at 16:39 | 事務局からのお知らせ