MainPicture
お知らせカテゴリ

事務局からのお知らせ

2021年5月8日に開催したSRDオンラインセミナー「SDGsにおける繁殖生物学の役割」における阪谷美樹会員 (農県機構 畜産研究部門) の講演内容について、わかりやすい和文の総説を寄稿いただきました。
以下のURLからご覧いただけます。
http://www.reproduction.jp/NewHP/image/JRD_Japanese_review_MS_20211122_obata4.pdf



日本繁殖生物学会広報委員会
Dummy2
posted by SRD事務局 at 13:56 | 事務局からのお知らせ
宇都宮大学の長尾先生より、掲題の件で連絡がありましたのでご案内いたします。

□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□■□□■

日頃より共同研究を行っている自治医科大学より、「医学部先端医療技術開発センター(通称ピッグセンター)の令和3年度第2回共同利用・共同研究の公募に関する案内のHPへの掲載依頼が参りました。

自治医大から届いた案内ファイルは添付の4件です。
また、情報は下記のHPからも入手できます。

https://www.jichi.ac.jp/cdamt/riyou/gakugai.html


□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□■□□■
Dummy2
posted by SRD事務局 at 21:23 | 事務局からのお知らせ

若手奨励策検討委員会より、掲題の件で連絡がありましたのでご案内いたします。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

公益社団法人 日本繁殖生物学会
会員の皆様へ

【 [9/21開催] 第3回 若手サマーセミナー参加者募集!】

お世話になっております。
若手奨励策検討委員会です。

2年ぶりに若手サマーセミナーを開催いたします。
指導教員の皆様におかれましては、学生会員の皆様にご周知頂ければ幸いです。
なお、参加登録の締切は「9月17日(金)正午」です。
詳細は、以下の案内文と添付ポスターをご覧ください。

なにとぞよろしくお願いいたします。

<若手サマーセミナーについて>
 本セミナーは、「他分野からの情報や知識の共有」、「分野の垣根を超えた若手研究者間の交流」、これらを通じた「参加者自身の研究モチベーションの向上」を目的としています。
 3度目となる今年は、コロナ禍で同世代の研究者との交流が少ない中、若手研究者同士がお互いの研究テーマについて額を突き合わせて話し合う機会を作りたいと考えました。
そこで、「夏のコラボ研究甲子園!〜みんなで最強の研究テーマを考えよう!〜」と題し、SDGsの15のゴールのなかから、参加者で力を合わせてロマンのある面白い共同研究を立案するグループワークを企画しました。
 また、研究計画を発表するコンペや懇親会も行う予定です。奮ってご参加ください!
(なお、本企画は学会期間中に開催される若手シンポジウムとは別企画で、学会前日21日に開催します。)


>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

Dummy2
posted by SRD事務局 at 15:15 | 事務局からのお知らせ
一般社団法人 日本農学会 事務担当より、掲題の件で連絡がありましたのでご案内いたします。

□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□■□□■

10月2日(土)に開催する2021年度日本農学会シンポジウム「コロナ禍のその先へ〜農学のチャレンジ〜」はオンライン開催となりました。
講演要旨は開催前に日本農学会ホームページに掲載する予定です。 (開催後は削除します。)
詳細については、下記のサイトをご覧ください。

□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□■□□■
Dummy2
posted by SRD事務局 at 15:16 | 事務局からのお知らせ
国立研究開発法人 科学技術振興機構(JST)国際部より、掲題の件で連絡がありましたのでご案内いたします。
□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□■□□■

台湾MOSTとの共同研究公募の締切が近づいて参りましたので、下記のように
ご案内申し上げます。

■公募概要
 公募領域    AIシステム構成に資するナノエレクトロニクス技術
 公募HP    https://www.jst.go.jp/inter/program/kiban/gather/announce_taiwan11th.html
 募集締切    2021年7月31日(土)午前1時(7月30日(金)25時)(日本時間)
 日本側研究費  3年間で1,200万円を上限(直接経費および間接経費)
         ※ 間接経費は、直接経費の10%を上限
         ※ 台湾側研究者は、台湾MOSTが同額程度を支援
 採択課題数  3課題(予定)

ご不明な点等ございましたら、お問い合わせいただければ幸いに存じます。
どうぞよろしくお願い申し上げます。 

---------------------------------------------------
国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)
 国際部 事業実施グループ 台湾担当
 〒102-0076 東京都千代田区五番町7番地
  TEL(課代表):03-5214-7375 FAX:03-5214-7379
  Email: kokusatw@jst.go.jp
事業URL: https://www.jst.go.jp/inter/program/kiban/gather/taiwan.html
----------------------------------------------

□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□■□□■
Dummy2
posted by SRD事務局 at 17:32 | 事務局からのお知らせ