MainPicture
お知らせカテゴリ

日本学術会議ニュース

【SCJ】日本学術会議ニュース・メールNo.489

==========================================================================
** 日本学術会議ニュース・メール ** No.489 ** 2015/4/24
==========================================================================
■------------------------------------------------------------------------
 内閣府総合科学技術・イノベーション会議事務局よりお知らせ
------------------------------------------------------------------------■

 総合科学技術・イノベーション会議は、実現すれば産業や社会のあり方に大きな
変革をもたらす革新的な科学技術イノベーションの創出を目指し、プログラム・マ
ネージャーに大胆な権限を付与し、ハイリスク・ハイインパクトな挑戦的研究開発
を推進する「革新的研究開発推進プログラム(ImPACT)」を実施しています。
 このたび、将来変化を大胆に先取りし、イノベーション創出に向けて果敢に挑戦
する、プログラム・マネージャーを新規に公募します。

公募開始:4月17日
公募締切:6月5日(正午)

PM公募の詳細については、下記のHPをご覧ください。

内閣府:http://krs.bz/scj/c?c=196&m=21900&v=41531842
JST:http://krs.bz/scj/c?c=197&m=21900&v=e4d8884c

ImPACTについては、下記のページをご参照ください。
内閣府:http://krs.bz/scj/c?c=198&m=21900&v=0683e753
JST:http://krs.bz/scj/c?c=199&m=21900&v=a308775d

<本件についてのお問い合わせ>
 内閣府 革新的研究開発推進プログラム担当室 大崎、高久(たかく)、満田
 電話:03−6257−1339(直通) 

------------------------------------------------------------------------
Dummy2
posted by SRD事務局 at 21:06 | 日本学術会議ニュース

【SCJ】日本学術会議ニュース・メールNo.488

=======================================================
** 日本学術会議ニュース・メール ** No.488 ** 2015/4/10
=======================================================
■---------------------------------------------------------------------------
 平成27年度共同主催国際会議「北極科学サミット週間2015」の開催について
---------------------------------------------------------------------------■

 2015年4月23日‐30日に、富山国際会議場にて北極科学サミット週間2015
(Arctic Science Summit Week2015、ASSW2015)が開催されます。 

 本国際会議は国際北極科学委員会(IASC)が中心となって毎年開催される北極研究に
関する会議の集合体であり、北極研究を進めている組織が集い、分野間の調整・協力
や科学的成果について集中的に議論を行うことを目的としています。1999年ノルウェー
での開催を皮切りにこれまで世界各国で16回開催され、今回、日本で初めて富山で
開催されます。

 会期後半に開催される第4回国際北極研究シンポジウム(Fourth International
Symposium on the Arctic Research、ISAR-4)、および、北極科学研究の10年計画を策
定するため10年に一度開催される第3回の国際北極科学計画会議(Third International
Conference on Arctic Research Planning、ICARP3)では、合わせて26のセッション
が予定されています。

 詳細はWebサイトに掲載されております。当日受付もありますので、皆様奮ってご参加
くださいますようお願い致します。 

=============================================================================
          *北極科学サミット週間2015*

【開催期間】
2015年4月23日-30日

【日程】
国際北極科学委員会関連会合          4月23日(木)−25日(土)
公開講演会 (事前申込制)            4月26日(日)
第4回国際北極研究シンポジウム(ISAR-4)および第3回国際北極科学計画会議(ICARP3)     
4月27日(月)−30日(木)
【会場】
富山国際会議場

【Webサイト】
ASSW2015(英語): http://krs.bz/scj/c?c=187&m=21900&v=03c52edb
ASSW2015(日本語): http://krs.bz/scj/c?c=188&m=21900&v=e19e41c4
ISAR-4: http://krs.bz/scj/c?c=189&m=21900&v=4415d1ca
ICARP3: http://krs.bz/scj/c?c=190&m=21900&v=2a8874e4

【お問い合わせ】
ASSW2015事務局
E-mail:assw2015-office@nipr.ac.jp
TEL:042-512-0927
FAX:042-528-3195


Dummy2
posted by SRD事務局 at 14:18 | 日本学術会議ニュース

【SCJ】日本学術会議ニュース・メールNo.487

====================================================
** 日本学術会議ニュース・メール ** No.487 ** 2015/3/18
====================================================
■-----------------------------------------------------------------------
 日本学術会議 サイエンスカフェのお知らせ
「核燃料サイクルを考える−環境社会学の視点から」の開催について(ご案内)
-----------------------------------------------------------------------
◆日 時:平成27年3月27日(金)19:00〜20:30
◆場 所:日本学術会議 6−A(1),(2)会議室(建物6階)
     (東京都港区六本木7−22−34)
◆主 催:日本学術会議
◆テーマ:核燃料サイクルを考える−環境社会学の視点から
◆講 師:長谷川 公一 日本学術会議特任連携会員 東北大学大学院文学研究科
     教授
◆ファシリテーター:柴田 徳思 日本学術会議連携会員 公益社団法人日本アイソ
     トープ協会専務理事
◆内容:
 福島第一原発事故は、電気はどこから来ているのかとともに、原子力発電の場合、
コンセントのもう一つの向こう側にある課題を私たちに問いかけている。今後の原子
力政策に関する社会的合意形成を考える上で欠かすことができないのが、使用済み
核燃料をめぐる難題である。六ヶ所村の再処理工場の本格稼働の見通しがつかぬまま、
日米原子力協定の更新時期(2018年7月)が近づきつつある。日米原子力協定の動向
は韓米原子力協定の行方にも大きな影響をもたらす。日本の再処理政策が抱える問題点
と、日本学術会議が検討をすすめてきた高レベル放射性廃棄物の処分政策に関して、
環境社会学の視点から、社会的合意形成のあり方を焦点に、多面的に考察する。 
■ 詳細はこちら
  http://www.scj.go.jp/ja/event/pdf2/150327.pdf
  http://www.scj.go.jp/ja/event/cafe.html
■ 入場無料 定員30名まで
■ お申し込み先:
  事前申し込みでの受付となります。
「氏名」及び「3月27日サイエンスカフェ参加希望」とお書きの上、下記宛てに
メールをお送りください。
 s255@scj.go.jp
■問い合わせ先:日本学術会議事務局審議第二担当
 (〒106-8555 東京都港区六本木7-22-34 TEL:03-3403-1082)
Dummy2
posted by SRD事務局 at 07:25 | 日本学術会議ニュース

【SCJ】日本学術会議ニュース・メールNo.486

======================================================
** 日本学術会議ニュース・メール ** No.486 ** 2015/3/13 ======================================================
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
◇日本学術会議主催学術フォーラム「経済社会の変化に対応した経営学大学院の
 あり方」の開催について(ご案内)
◇2016年のBower Award & Prize for Achievement in Scienceについて (ご案内)
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
■-------------------------------------------------------------------------
日本学術会議主催学術フォーラム「経済社会の変化に対応した経営学大学院の
あり方」の開催について(ご案内)
-------------------------------------------------------------------------■
◆日時 平成27年3月22日(日)13:00〜17:00
◆場所 日本学術会議講堂
◆主催 日本学術会議
◆共催 経営関連学会協議会、全国ビジネス系大学教育会議、日本経営学会、組織学会、
 日本会計教育学会、日本経営工学会

◆開催趣旨
 経営学大学院の教育には通常の修士課程・博士課程大学院と専門職学位課程における
教育があり、その設立趣旨や受講者の意識が大きく異なる一方、経営学教育として共通の
部分も数多くある。さらには社会からの期待も各大学院の形態によって異なる。これらの
異質性や同質性について、現在、各大学院で必ずしも共通の見解に達しているとは言え
ないことから、これら大学院教育に携わる関係者や修了生の受け皿である産業界関係者が
一堂に会して、国内の経営学大学院教育のあるべき姿を議論し、将来の経営学大学院教育
の参照基準制定に向けた基盤を確立する。

◆次 第
 総合司会 
  徳賀 芳弘(日本学術会議第一部会員、京都大学経営管理大学院教授)
 13:00-13:10開会挨拶 
  藤永  弘(日本学術会議連携会員、青森公立大学経営経済学部教授)
 13:10-13:20主催者挨拶
  井野瀬久美恵(日本学術会議第一部会員、副会長)
 13:20-13:30来賓挨拶 
  牛尾 則文(文部科学省高等教育局専門教育課長)
 13:30-14:00講演1 「経営学大学院教育の現状と課題−分科会の認識と審議状況−」
  鈴木 久敏(日本学術会議連携会員、筑波大学名誉教授)
 14:00-14:40講演2 「グローバル企業が求める人材と大学院教育」   
  天羽  稔(デュポン(株)名誉会長、経済同友会教育改革委員会委員長)
  (休憩)
 15:00-16:50パネル討論:経済社会の変化に対応した経営学大学院のあり方
  モデレータ:奥林 康司(日本学術会議連携会員、大阪国際大学グローバルビジネス学部長)
  パネリスト:平松 一夫(日本学術会議連携会員、関西学院大学商学部教授)
  河野 宏和(慶応義塾大学経営管理研究科長)
  田久保善彦(グロービス経営大学院経営研究科長)
  金子 元久(日本学術会議第一部会員、筑波大学大学研究センター教授)
  牛尾 則文(文部科学省高等教育局専門教育課長)
  天羽  稔(デュポン(株)名誉会長)
  永里 善彦((株)旭リサーチ相談役)
 16:50-17:00 閉会挨拶 
  高橋 宏幸(日本学術会議特任連携会員、中央大学経済学部教授)

(参加費 無料)
◆定員 当日先着順300名、事前登録なし
◆問い合わせ先(下記へご連絡ください。)
 日本学術会議事務局企画課学術フォーラム担当
 〒106-8555 東京都港区六本木7−22−34
 電話03-3403-6295 FAX03-3403-1260
 Email p228@scj.go.jp

■-------------------------------------------------------------------------
2016年のBower Award & Prize for Achievement in Scienceについて(ご案内)
-------------------------------------------------------------------------■
フランクリン財団より、2016年のBower Award & Prize for Achievement in
Scienceについて、受賞候補者の推薦依頼がありましたのでお知らせいたします。
会員・連携会員の皆様がご推薦できる賞ですので、同賞にふさわしいと考えられる
研究者がいらっしゃいましたら、ご推薦をお願いします。
推薦要領につきましては、以下のホームページでご確認ください。

○Bower Award & Prize for Achievement in Science:ヘンリー・バウアー氏の遺
言で創設された、重要な科学的貢献をなした者を表彰することを目的とした賞です。
今回は太陽系外惑星分野が対象となります。
授与組織はThe Franklin Institute(フランクリン財団)。
〆切は2015年5月31日(ただし、4月30日までに推薦を行う意向がある旨連絡する
ことが必要)。
https://www.fi.edu/bower-award-prize-achievement-science-nominations-welcome

★-----------------------------------------------------------------------☆
日本学術会議では、Twitterを用いて情報を発信しております。
          アカウントは、@scj_info です。
        日本学術会議広報のTwitterのページはこちらから
            http://krs.bz/scj/c?c=175&m=22959&v=d2f8be9e
☆-----------------------------------------------------------------------★
***************************************************************************
       学術情報誌『学術の動向』最新号はこちらから
    http://krs.bz/scj/c?c=176&m=22959&v=e71508cd
***************************************************************************
Dummy2
posted by SRD事務局 at 17:04 | 日本学術会議ニュース

【SCJ】日本学術会議ニュース・メールNo.481

=====================================================
** 日本学術会議ニュース・メール ** No.481 ** 2015/1/20
=====================================================
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
◇日本学術会議・科学技術振興機構共催国際シンポジウム
 「日本における再生可能エネルギーの利用拡大に向けて」の開催について(ご案内)
◇第15回アジア学術会議カンボジア会合 国際シンポジウム
 論文募集(Call for Papers)について(提出期限等の延長)
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

■------------------------------------------------------------------------
 日本学術会議・科学技術振興機構共催国際シンポジウム
 「日本における再生可能エネルギーの利用拡大に向けて」の開催について(ご案内)
------------------------------------------------------------------------■

◆開催日時: 平成27年2月12日(木)13:00〜17:45
◆開催場所: 日本学術会議講堂
◆主催:   日本学術会議(東日本大震災復興支援委員会エネルギー供給問題検討分科会)
◆共催:   科学技術振興機構低炭素社会戦略センター
◆開催趣旨: 
 日本学術会議エネルギー供給問題検討分科会が平成26年9月に公表した報告をもとに、
 世界で起こりつつあるエネルギー変革の現状を知り、我が国の再生可能エネルギーに関する
 現状の問題点・課題とその対策について、国の内外の有識者と議論を行います。


◆次第:
 13:00〜13:10
 開会挨拶
    大西 隆(日本学術会議会長、豊橋技術科学大学学長、東京大学名誉教授)
第一部 基調講演
 13:10〜13:40
 (1)ドイツの再生可能エネルギーの現状と今後の政策(仮)
    Shikibu Oishi(在日ドイツ連邦共和国大使館 経済通商政策担当上級専門官)
 13:40〜14:10
 (2)米国のエネルギー改革の現状と展望(仮)
    Jeffrey A. Miller(在日米国大使館 エネルギー主席担当官 エネルギー省日本事務所代表)
 14:10〜14:40
 (3)再生可能エネルギーによる低炭素社会の実現にむけて
山田 興一(独立行政法人科学技術振興機構低炭素社会戦略センター副センター長)

 14:40〜15:00  休憩

第二部 パネルディスカッション
 15:00〜15:20
(1)イントロダクション
太田 健一郎(日本学術会議特任連携会員、横浜国立大学工学研究院グリーン水素研究センターセンター長・特任教授) 
瀬川 浩司(日本学術会議特任連携会員、東京大学先端科学技術研究センター産学連携新エネルギー研究施設長・教授)
 15:20〜17:40
(2)パネルディスカッション
モデレータ
平沼 光(日本学術会議特任連携会員、公益財団法人東京財団研究員兼政策プロデューサー)
パネリスト
Shikibu Oishi(在日ドイツ連邦共和国大使館 経済通商政策担当上級専門官)
Jeffrey A Miller(在日米国大使館 エネルギー主席担当官 エネルギー省日本事務所代表)
Paul Roberts(在日ニュージーランド大使館 一等書記官)
山田 興一(独立行政法人科学技術振興機構低炭素社会戦略センター副センター長)
近藤 道雄(独立行政法人産業技術総合研究所福島再生可能エネルギー研究所所長代理兼上席コーディネータ)
大崎 博之(東京大学大学院新領域創成科学研究科教授)
斉藤 哲夫(一般社団法人日本風力発電協会企画局長)
太田 健一郎(日本学術会議特任連携会員、横浜国立大学工学研究院グリーン水素研究センター センター長・特任教授)
瀬川 浩司(日本学術会議特任連携会員、東京大学先端科学技術研究センター産学連携新エネルギー研究施設長・教授)
17:40〜17:45
  閉会挨拶  山田 興一(独立行政法人科学技術振興機構低炭素社会戦略センター副センター長)

■参考情報
【報告】東日本大震災復興支援委員会エネルギー供給問題検討分科会
再生可能エネルギーの利用拡大に向けて(平成26年9月26日公表)
http://krs.bz/scj/c?c=165&m=21900&v=f954f88b

■お申込み
  当日のプログラムと参加申し込みは、以下のURLよりご覧ください。
 (独立行政法人科学技術振興機構のウェブサイトにジャンプします)
  http://krs.bz/scj/c?c=166&m=21900&v=ccb94ed8
■交通アクセス
  日本学術会議 講堂
  http://krs.bz/scj/c?c=167&m=21900&v=6932ded6
  〒106-8555 
   東京都港区六本木 7-22-34
   (アクセス)
   東京メトロ千代田線「乃木坂」駅5出口

■お問い合せ先    日本学術会議公開シンポジウム
   「日本における再生可能エネルギーの利用拡大に向けて」事務局
   独立行政法人科学技術振興機構
   低炭素社会戦略センター 企画運営室    〒102-8666
   東京都千代田区四番町5-3 サイエンスプラザ
   Tel: 03-6272-9270   E-mail: lcs@jst.go.jp

■---------------------------------------------------------------------
第15回アジア学術会議カンボジア会合 国際シンポジウム
 論文募集(Call for Papers)について(提出期限等の延長)
---------------------------------------------------------------------■

日本学術会議会員、連携会員及び協力学術研究団体各位

      第15回アジア学術会議カンボジア会合 国際シンポジウム
      「SCIENCE AND TECHNOLOGY FOR CULTURE」
      論文募集(Call for Papers)について(提出期限等の延長)

                        アジア学術会議事務局長
                               吉野 博

※論文要旨(Abstract)提出期限等を、延長しました。以下のスケジュールをご参照ください。

■趣 旨
 2015年5月に開催を予定している第15回アジア学術会議において、
「SCIENCE AND TECHNOLOGY FOR CULTURE」をテーマとして、国際シンポジウムを開催いたします。
 このテーマのもと、シンポジウム主催者であるカンボジア工科大学(ITC)では、文化遺産保存への科学技術の貢献、
生物多様性と天然資源保護、防災・治水、再生可能エネルギーとグリーン・エコノミー等について広く論文を募集致します。
 公募した論文につきましては、審査の上、第15回アジア学術会議国際シンポジウムの機会に発表・議論の場を提供いたします。

※第15回アジア学術会議の開催案内については、以下のURLをご覧ください。
→ http://krs.bz/scj/c?c=168&m=21900&v=8b69b1c9

■スケジュール
 2015年1月30日: 論文要旨(Abstract)提出期限
 2015年2月20日: 審査結果通知(Notification of acceptance of abstract)
 2015年4月 1日: 論文(Full Paper)提出期限

 ※論文募集(Call for Papers)の詳細については、以下のURLをご覧ください。
 → http://krs.bz/scj/c?c=169&m=21900&v=2ee221c7
 
※ご応募いただいた結果として本シンポジウムに参加することになった場合、
  旅費等は個人負担となります。

■第15回アジア学術会議カンボジア会合国際シンポジウム
日 程:2015年5月15日〜16日
会 場:Angkor Paradise hotel(シェムリアップ、カンボジア)
主 催:カンボジア工科大学(Institute of Technology of Cambodia)
     カンボジア王立アカデミー(Royal Academy of Cambodia)
     カンボジア教育省(Ministry of Education Youth and Sport)
 共 催:アジア学術会議(Science Council of Asia)
     カンボジア文化省(Ministry of Culture and Fine Arts)
 後 援:日本学術会議(Science Council of Japan)
     日本建築学会(Architectural Institute of Japan)

■論文募集(Call for Papers)に関する情報・お問い合わせ先
Institute of Technology of Cambodia(ITC)
E-mail : sca2015@itc.edu.kh / info@itc.edu.kh

★-----------------------------------------------------------------------☆
日本学術会議では、Twitterを用いて情報を発信しております。
          アカウントは、@scj_info です。
        日本学術会議広報のTwitterのページはこちらから
            http://krs.bz/scj/c?c=170&m=21900&v=407f84e9
☆-----------------------------------------------------------------------★
***************************************************************************
       学術情報誌『学術の動向』最新号はこちらから
    http://krs.bz/scj/c?c=171&m=21900&v=e5f414e7
***************************************************************************
Dummy2
posted by SRD事務局 at 18:42 | 日本学術会議ニュース