MainPicture
お知らせカテゴリ

関連学会情報

米国生殖生物学会SSR、Virtual Education Committeeより、掲題の件で連絡がありましたのでご案内いたします。

□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□■□□■

米国生殖生物学会SSRでは、Virtual Education Committeeが主催で若手研究者にフォーカスしたオンラインセミナーを実施しています(https://www.ssr.org/news-events/upcoming-events/risingstars)。
次回は、ハワイ大学に留学されている東京大学の藤井渉先生が発表されます。
日本時間で2022年03月17日(木) 08:00からと少し早いですが、ぜひ、日本の皆様もご参加ください。
https://us02web.zoom.us/webinar/register/WN_8LJpveGSQ-au8Z6mM0OFjw

□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□■□□■

Dummy2
posted by SRD事務局 at 10:00 | 関連学会情報
日本神経内分泌学会事務局より、掲題の件で連絡がありましたのでご案内いたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

名   称:第47回日本神経内分泌学会学術集会
テ ー マ:『神経内分泌学のダイバーシテイ 基礎と臨床のクロストークからみえるもの』
会   長:西 真弓(奈良県立医科大学・第一解剖学教室)
副   会   長:高橋 裕(奈良県立医科大学 糖尿病内分泌内科学講座) 
日   程:2021年10月30日(土) 〜31日(日)
会   場:奈良春日野国際フォーラム 甍〜I・RA・KA〜
       〒630-8212 奈良市春日野町101
               問い合わせ:第47回日本神経内分泌学会学術集会事務局
       奈良県立医科大学・第一解剖学講座内 (担当:森分)      
                        TEL:0744-22-3051 (内線2229)
       FAX:0744-29-7199
       E-mail:jns47@nacos.com
       URL:http://jnes2020.umin.ne.jp/


第47回日本神経内分泌学会学術集会
会長   奈良県立医科大学 解剖学講座 西 真弓
副会長  奈良県立医科大学 糖尿病内分泌内科学講座 高橋 裕

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
Dummy2
posted by SRD事務局 at 13:28 | 関連学会情報
木村直子渉外理事より、掲題の件で連絡がありましたのでご案内いたします。

□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□■□□■

延期になっていたWCRBについて、Hongmei Wang会長から下記のとおりご連絡がありました。

日程 2022年9月21〜23日
会場 当初の通り(中国北京,China National Convention Center)

演題登録締切は、2022年2月28日とのことです。

WCRBのHPでもご確認頂けます。
https://wcrb2020.medmeeting.org/en

□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□■□□■
Dummy2
posted by SRD事務局 at 12:54 | 関連学会情報
名古屋大学 上野山先生より、掲題の件で連絡がありましたのでご案内いたします。

-----------------------------------------------
2001年に発見されたキスペプチンは、GnRH分泌のマスターレギュレーターとしてほ乳類の繁殖を司る神経ペプチドです。今回、世界キスペプチン会議が、Zoom webinar形式で、"Kisspeptin+, Vertual Conference"として、4月19日から21日、米国東部標準時の午後4時〜午後7時 (日本時間では、4月20日から22日、午前5時〜午前8時) に開催されます。

事前に、ウェビナー登録が必要ですが、参加費は無料です。

本会議は、以下の3つのPlenary SessionsとShort Presentationsで構成されます。Short Presentationsのアブストラクトの締め切りは3月28日です。
1) Kisspeptin and GnRH neurons: recent discoveries
2) Kisspeptin & Metabolism
3) Basic, Translational and Clinical Studies of Kisspeptin

詳しい情報は、下記をご参照ください。
https://www.kisspeptin2021.com

世界のキスペプチン研究者が一同に集う「世界キスペプチン会議」は、2008年 (コルドバ・スペイン) で第1回会議が開催され、その後、2012年 (東京・日本、会長前多敬一郎、元日本繁殖生物学会理事長)、2017年 (フロリダ・アメリカ) と3-4年ごとに開催されています。

*********************************
UENOYAMA, Yoshihisa
e-mail: uenoyama@nagoya-u.jp
phone: 052-789-5870


-----------------------------------------------------
Dummy2
posted by SRD事務局 at 12:01 | 関連学会情報
2021年03月05日-----WCRB2021の延期について
木村直子先生(渉外理事)より、本年9月に開催予定のWCRB2021が来年(2022年)に延期されるとのアナウンスが大会事務局よりあったとの報告をいただきました。
新しい会期は現時点では未定です。
大会webページ(https://wcrb2020.medmeeting.org/9540?lang=en)ではまだアナウンスされていませんが、詳細が決まったら更新されると思われます。
Dummy2
posted by SRD事務局 at 13:19 | 関連学会情報