MainPicture
お知らせカテゴリ

関連学会情報

日本胚移植技術研究会大会事務局より、掲題の件で連絡がありましたのでご案内いたします。
詳細は下記のURLをご覧ください。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

名 称:第7回日本胚移植技術研究会群馬県大会
主 催:日本胚移植技術研究会、群馬県畜産試験場
大会長:清水 養一(群馬県畜産試験場 場長)
日 程:2023年10月26日(木) 〜27日(金)
会 場:群馬会館(〒371-0026 群馬県前橋市大手町二丁目 1 番 1 号)
U  R  L:http://jets.kenkyuukai.jp/information/information_detail.asp?id=139319&ref=mail

【問合せ先】
 大会事務局:
 〒371-0103 群馬県前橋市富士見町小暮 2425 群馬県畜産試験場繁殖技術係
 担当:加藤 聡 (お問い合わせはメールでお願いします。) Tel:027-288-2222 Fax:027-288-2243
 E-mail: kato-sa〔a〕pref.gunma.lg.jp ※メール送信の際は〔a〕を@に変更してください。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
Dummy2
posted by SRD事務局 at 10:35 | 関連学会情報
渉外担当より、掲題の件で連絡がありましたのでご案内いたします。

□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□■□□■

2020年度以降、延期になっていたWCRBは、WCRB2023 Beijing、
2023年9月13-15 北京で開催されます。
現在、要旨登録が始まっております。
以下のHPをご一読の上、是非ご参加のほど、よろしくお願い申し上げます。

https://wcrb2023.medmeeting.org/en

Abstract Submission Deadline:June 15, 2023 (UTC+8, 23:59:59)
Early Bird Registration Deadline:July 31, 2023 (UTC+8, 23:59:59)
Online Registration Deadline:September 1, 2023 (UTC+8, 23:59:59)
On-site Registration Dates:September 13-15, 2023

□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□■□□■
Dummy2
posted by SRD事務局 at 17:41 | 関連学会情報
国立遺伝学研究所ナショナルバイオリソースプロジェクト(NBRP)広報室より、掲題の件で連絡がありましたのでご案内いたします。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
NBRP主催シンポジウム「バイオリソースで解決する21世紀の社会課題」

日時:2023 年 2月 21日(月)    13 時 00 分〜17 時 05 分予定 

開催方法:オンライン

内容:NBRPのバイオリソースを用いた最新の研究成果やバイオリソースに応用可能な最新の技術についてご紹介

講演者:石川 亮(神戸大学)、河本 宏(京都大学)、長畑 洋佑(京都大学)、荻野 由紀子(九州大学)、日下部 りえ(理化学研究所生命機能科学研究センター)、二階堂 愛(東京医科歯科大学/理化学研究所)、大野 伸彦(自治医科大学/生理学研究所)

参加費:無料(要事前参加登録)

お申し込みと詳細:https://nbrp.jp/public/event/other/nbrp2023/

主催:文部科学省ナショナルバイオリソースプロジェクト

 【お問い合わせ】
〒411-8540 静岡県三島市谷田1111
情報・システム研究機構 国立遺伝学研究所
ナショナルバイオリソースプロジェクト(NBRP)広報室
Email: nbrp-pr[at]nig.ac.jp ※[at]を@としてください
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
Dummy2
posted by SRD事務局 at 22:58 | 関連学会情報
京都大学大学院医学研究科附属動物実験施設 守田先生より、掲題の件で連絡がありましたのでご案内いたします。

□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□■□□■

平素はナショナルバイオリソースプロジェクト「ラット」に格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
第16回ラットリソースリサーチ研究会の開催についてご案内させていただきます。
新型コロナの感染状況は不透明なところがありますが,3年ぶりに京都大学での開催を考えております。
久しぶりの京大開催となりますので,皆様のご参加をお待ちしております。

<ナショナルバイオリソースプロジェクト「ラット」主催 第16回ラットリソースリサーチ研究会>
日 時:令和5年1月27日(金)13:00−17:20
場 所:京都大学医学部芝蘭会館稲盛ホール
参加費:無料(懇親会は開催致しません)

内容:プログラムやポスターについては、下記のページをご覧ください。
http://www.anim.med.kyoto-u.ac.jp/NBR/documents/RRR16th_poster.pdf

ご参加いただける場合は、1月23日(月)までにこちらのページから参加申込をお願い致します。
http://www.anim.med.kyoto-u.ac.jp/NBR/RRR16th_jp.aspx

□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□■□□■
Dummy2
posted by SRD事務局 at 11:13 | 関連学会情報
菊地先生より掲題の件で連絡がありましたので、ご案内いたします。

□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□■□□■

11th International Ruminant Reproduction Symposium (11回国際反芻動物繁殖シンポジウム)のお知らせ
実行委員長のPat Lonergan博士よりご連絡をいただいております。
要旨の登録締め切りが間近ですが、どうぞご検討ください。


From: Pat Lonergan <pat.lonergan@ucd.ie
Sent: Friday, December 2, 2022 1:14 AM
To: Pat Lonergan <pat.lonergan@ucd.ie>
Subject: Fwd: IRRS 2023, Galway, 28 May - 1st June

Dear friends and colleagues
A gentle reminder that the abstract deadline of December 18thfor next year's 11th International Ruminant Reproduction Symposium is fast approaching! All information is available on the conference website:bsas.org.uk/irrs.
I would appreciate it if you could disseminate it to your contacts and we look forward to seeing as many of you as possible in Galway, Ireland next May. If you have any questions, please get in touch. 
Best wishes

Pat


Join Us In Galway For IRRS 2023

View this email in your browser

You are cordially invited..

….to submit abstracts to the 11th International Ruminant Reproduction Symposium (IRRS) which will be held in Galway, Ireland from May 28th to June 1st 2023.

 
The IRRS is recognized as one of the most prestigious global conferences on reproduction in ruminant animals. Leading international scientists will present cutting-edge talks on reproductive biology and technology in a variety of ruminant species, including cattle, sheep, goats, buffaloes and camelids. 
Sessions will cover the entire reproductive axis from follicle development and ovulation to oocyte maturation and fertilisation, corpus luteum development and maternal recognition of pregnancy, early embryo development, implantation, placentation, and foetal development, as well as state-of-the-art techniques applied to reproduction in ruminants.
Revolving around 3.5 days of scientific sessions the conference will also include poster sessions and an exciting social programme with a unique Irish/Gaelic flavour. Further details can be found on the conference website.
Important dates are Abstract submission deadline December 18th 2022 and Early bird registration - 28th February 2023.
Abstract submission details can be found here. Submissions can be edited at any time up until midnight on the 18th December 2022, after which all submissions will be automatically submitted at the deadline. Submit your abstractand start planning your trip!
Spread the word. We look forward to welcoming you to Galway! ‘
Pat Lonergan
On behalf of
Facebook icon
Instagram icon
Twitter icon
Logo

Copyright (C) 2022 *BSAS on behalf of IRRS Organising Committee All rights reserved.

Want to change how you receive these emails?
You can update your preferences or unsubscribe

 



-- 
Patrick Lonergan PhD, DSc, MRIA
Professor of Animal Reproduction
School of Agriculture and Food Science
University College Dublin
Belfield
Dublin 4
Ireland

Tel: +353 1 7167781
E-mail: pat.lonergan@ucd.ie

Dummy2
posted by SRD事務局 at 11:12 | 関連学会情報